中古車相場が高騰しているホンダ・モトコンポは、ノーマルのまま乗るだけじゃない楽しみ方が無限にある。カスタムやチューニングを施して自分だけの1台に仕立て直してしまうのだ。

カスタムやチューニングと聞くと敷居が高く感じるかもしれない。ところがメカに疎い素人でも手軽に楽しめる方法がある。それがカラーリングだ。ここでは2台の塗装例を紹介してみよう。

モトコンポのカラーリングなら手軽に楽しめる!

レストアを楽しむことも、カスタムを進めることも、小さなボディとシンプルなメカで構成されたモトコンポなら比較的カンタン。大型バイクで同じようなことをすると重さや場所の確保で苦労するけれど、クルマのトランクに入ってしまうほど小さく軽いモトコンポならそんな苦労とは無縁。しかもエンジンやタイヤといった部品が小さいから一人で気軽に楽しめる。
ところが、純正パーツにこだわってレストアすると大変。現在はパーツの争奪戦みたいな状況だから、車体を買うより高くなってしまう。だったら純正にこだわらず、自分好みに楽しむのがオススメ。
しかもボディパネルを外して塗装するだけでも、モトコンポのイメージはガラリと変わる。そこで今回はカラーリングの変更例を紹介してみよう。

→全文を読む

【ウェビック バイク選び】
【モトコンポ】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ モーターファンバイクス ]

ホンダ モトコンポの価格情報

ホンダ モトコンポ

ホンダ モトコンポ

新車 0

価格種別

中古車 4

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

40.87万円

価格帯 38.5~44万円

諸費用

1.55万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

42.43万円

価格帯 38.5~47.02万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
コメントを残す