太平洋から日本海へ、日本海から太平洋へと走るコースト・トゥ・コーストの「東北横断」はおもしろい。今年(2022年)はVストローム250を走らせ、全部で19本の東北横断ルートを走破した。

それらを「南東北編」と「北東北編」に分けて紹介しているが、今回は「北東北編」の第3回目で「青森県編」になる。下北半島と津軽半島が主要な舞台。青森は太平洋、津軽海峡、そして日本海と、3つの海に面している。「東北横断2022」は今回が最後だ。

「北東北編」第1回、第2回はこちら!


7.八戸 → 十和田 → 弘前 → 浪岡 → 鯵ヶ沢(R45 → R102 → R7 → R101)190キロ

8月20日9時30分、八戸港のフェリー埠頭を出発。八戸からは国道45号を行く。前回、紹介した国道104号の起点となる分岐を過ぎ、六戸を通り、国道4号との交差点に出る。ここを直進し、国道102号を行く。



八戸港のフェリー埠頭を出発



八戸からは国道45号を行く。ここは国道104号との分岐



国道4号との交差点。ここからは国道102号を行く


十和田の町を走り抜け、八甲田の山並みに向かって突っ走る。



国道102号で十和田の町に入っていく



八甲田に向かって突っ走る


焼山からは国道103号との重複区間になり、奥入瀬渓流の渓流美を見ながら走る。奥入瀬渓流最大の滝、銚子大滝ではVストローム250を止め、遊歩道で滝の下まで行く。



奥入瀬川の流れ



奥入瀬渓流を見ながら走る



奥入瀬渓流最大の滝、銚子大滝を見る


子ノ口で十和田湖畔に出た。ここの「みずうみ亭」で十和田湖名物の「ヒメマス」を食べた。ヒメマスの刺身と焼魚にカソリ、大満足。



十和田湖に出た。ここは子ノ口



子ノ口の「みずうみ亭」で「ひめます刺身焼魚定食」を食べる


子ノ口で国道103号と分かれ、十和田カルデラ外輪山上の国道102号を行く。



濃霧の国道102号。十和田カルデラの外輪山を行く



国道102号の滝ノ沢峠。ここで国道454号が分岐する


濃霧の国道102号で滝ノ沢峠を越え、黒石を通り、国道7号を横切って弘前の町に入っていく。弘前では弘前城を歩いた。



弘前では東門から弘前城に入った



弘前城の天守閣を見学


弘前からは国道7号で浪岡へ。大釈迦峠まで行き、そこから国道101号を走る。五所川原を通り、17時30分、鯵ヶ沢に到着。鯵ヶ沢漁港で日本海を見た。



鯵ヶ沢に到着。ここはJR五能線の鯵ヶ沢駅



鯵ヶ沢漁港で日本海を見る


8.鯵ヶ沢 → 十三湊 → 蟹田 → 脇野沢 → 恐山 → 三沢(R101 → メロンロード → 県道12号 → むつ湾フェリー → R338)238キロ


9月7日11時30分、鯵ヶ沢漁港を出発。国道101号から「メロンロード」に入り、十三湊(とさみなと)へ。ここは中世には安東氏の拠点としておおいに栄えた。



鯵ヶ沢を出発。ここは鯵ヶ沢漁港



国道101号から「メロンロード」に入っていく



「メロンロード」は快走路!



十三湊(とさみなと)に到着。中世には安東氏の拠点としておおいに栄えた



十三湊から見る十三湖


十三湊からは県道12号で津軽半島を横断して蟹田港へ。14時発のむつ湾フェリーに乗り、下北半島の脇野沢港に上陸。



十三湊から見る岩木川の河口



県道12号で津軽半島を横断。蟹田港に向かう



蟹田港でむつ湾フェリーに乗船



むつ湾フェリーから見る津軽半島。手前には下北半島の北海岬が見える



下北半島の脇野沢港に上陸


脇野沢からは国道338号で田名部(むつ市)へ、田名部から恐山に行き、宿坊に泊った。大浴場の湯に入り、湯から上がると精進料理の夕食。翌朝は本堂でのお勤めのあと朝食を食べた。宿坊で泊ったことによって、新たな恐山を見た。



脇野沢の町をひとまわりする



大湊(むつ市)の海上自衛隊の基地入口



恐山の宇曽利山湖



恐山に泊る。宿坊の夕食


恐山から田名部(むつ市)に下ると国道338号で三沢へ。三沢漁港の岸壁でVストローム250を止め、太平洋を見た。



田名部(むつ市)からは国道338号で三沢へ



三沢に到着。三沢漁港で太平洋を見る


9.三沢 → 尻屋崎 → むつ → 大間崎 → 脇野沢 → 蟹田 → 三厩 → 龍飛崎(R338 → 県道248号 → 県道6号 → R279 → R338 → 陸奥湾フェリー → 蟹田 → R280 → R339)376キロ

9月8日10時30分、三沢漁港を出発。国道338号を北へ。


三沢漁港を出発



国道338号で六ヶ所を通過


六ヶ所村を通って東通村に入り、県道248号→県道6号で下北半島最北東端の尻屋崎へ。



尻屋崎への快走路の県道248号を行く



尻屋崎の灯台


尻屋崎の周遊道路を走り、県道6号→国道279号で本州最北端の大間崎へ。ここでは本州最北の温泉、おおま温泉「海峡保養センター」の湯に入った。



大間崎の「本州最北端の地」碑



佐井の夕焼け。海も空も赤く染まる



佐井の民宿「芳栄丸」の夕食


大間からは国道338号を南下。佐井(佐井村)の民宿「芳栄丸」でひと晩泊り、国道338号で脇野沢へ。



佐井の民宿「芳栄丸」を出発



佐井の願掛岩からの眺め



国道338号から見下ろす仏ヶ浦



下北半島南西端の北海岬


下北半島最南西端の北海岬を見た後、10時50分発のむつ湾フェリーで蟹田港に渡った。蟹田からは国道280号で三厩(みんまや)へ。三厩からは国道339号で龍飛崎へ。



むつ湾フェリーで蟹田港に渡る



松前街道(奥州街道)の松並木



三厩の松前街道(奥州街道)終点の碑



龍飛漁港


龍飛崎の展望台から北海道を見る。正面には北海道最南端の白神岬。右手には津軽海峡、左手には日本海と、2つの海を見る。津軽半島最北端の龍飛崎らしい眺めだ。



龍飛崎からの眺め。自衛隊のレーダー基地越しに北海道を見る


10.鯵ヶ沢 → 青森 → 十和田 → 八戸(R101 → R7 → R4 → R45)176キロ

9月9日16時、鯵ヶ沢漁港を出発。国道101号→国道7号で青森へ。



鯵ヶ沢漁港を出発



国道101号で五所川原を通過


青森駅前の「ルートイン」に泊った。夕食は青森駅前の「POPE」で。ここで食べた「まぐろ三色丼」(1100円)はよかった。中おち、ネギとろ、漬けの三色丼だ。翌朝は5時、出発。国道4号→国道45号で八戸へ。



青森駅前の「POPE」で食べた「まぐろ三色丼」



青森を出発。ここより国道4号



野辺地の「常夜灯」を見ていく


八戸到着は8時。八戸港の白銀埠頭にVストローム250を止め、「東北横断2022」を終えた。



八戸港の白銀埠頭に到着。これにて「東北横断2022」、終了!


「南東北編」第1回、第2回、第3回はこちら!

この記事にいいねする

コメントを残す

スズキ Vストローム250の価格情報

スズキ Vストローム250

スズキ Vストローム250

新車 314

価格種別

中古車 108

本体

価格帯 49.5~61.36万円

53.97万円

諸費用

価格帯 7.09~7.18万円

6.88万円

本体価格

諸費用

本体

59.46万円

価格帯 52.92~67.99万円

諸費用

4.1万円

価格帯 3.49~5.67万円


乗り出し価格

価格帯 56.68~68.46万円

60.86万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

63.57万円

価格帯 56.42~73.66万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す