テントやシュラフ、各種調理器具など、キャンプに必要なアイテムは数が多く、それらをまとめて運ぶのに最も適しているのが大容量のシートバッグだ。中でも20年以上の歴史を誇り、各社がベンチマークとしているのがモトフィズのキャンピングシートバッグ2である。その取り付け方法やコツについて、メーカーであるタナックスに話を聞いた。

発売当初は日本よりもアメリカで売れたキャンピングシートバッグ

「発売は1999年ですから、今年で22年目ですね。当時、二輪用品店に『一番大きなバッグが欲しい』と言ってくるお客さんが多いと聞き、それが企画の出発点となりました。開発を担当した者がしょっちゅう北海道ツーリングに行くような人間だったので、彼の意見をほぼ全て盛り込んだら〝キャンピングシートバッグ〟が完成しました」
そう切り出したのは、タナックスの営業部長である重田真利さんだ。

→全文を読む

【Webikeショッピング】
タナックス モトフィズシートバッグ 商品ページ

情報提供元 [ モーターファンバイクス ]

コメントを残す