【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】
【写真撮影:巣山悟】

みなさん、2021年版の『ツーリングマップル東北』が完成しました。まもなく書店に並びますので、ぜひとも手にとってご覧になってください。『2021年版ツーリングマップル東北』の実走取材は昨年の3月11日に始まり、11月16日に終えました。その間では相棒のVストローム250を走らせ、いくつかのテーマを設けて、東北全域を駆けめぐりました。

▲『ツーリングマップル東北2021年版・通常版』の表紙

それらのテーマというのは、「鵜ノ子岬→尻屋崎」を皮切りにして、「東北一周」、「奥羽山脈の峠越え」、「阿武隈川と北上川の大河源流行」、「混浴温泉めぐり」、「林道走破行」、そして最後が「白河探訪」というものでした。

「鵜ノ子岬(福島)→尻屋崎(青森)」では、東日本大震災で大きな被害を受けた東北の太平洋岸を見てまわりました。「東北一周」では陸奥と出羽の国府をめぐり、本州最北端の大間崎と津軽半島最北端の龍飛崎まで行きました。
「奥羽山脈の峠越え」では、白河から青森まで、32峠を越えました。東北の背骨となる奥羽山脈は、太平洋と日本海に分ける中央分水嶺になっています。「阿武隈川と北上川の大河源流行」では、阿武隈川は源流から河口へ、北上川は河口から源流へと、川の流れに沿って走りました。

「混浴温泉めぐり」は、東北ならではの大いなる魅力で、東北には混浴温泉が何湯もあります。混浴文化がしっかりと根づいている世界です。「林道走破行」では南会津の林道群を走りましたが、一昨年の台風の影響で、大荒れの林道が何本もありました。1日も早い復旧を願うばかりです。

「白河探訪」では、JR白河駅北側の小峰城、南湖公園と見てまわりました。ちょうど紅葉の最中で、東北の見事な紅葉を見ることができました。白河は東北の玄関口です。何かというと、ぼくは「白河を目指せ!」で、白河を起点にして東北を走り始めることがよくあります。

これらのテーマでまわった東北は、『2021年版ツーリングマップル東北』巻頭の写真ページに載っています。12ページの巻頭写真ページの最後を飾るのは、「ツーリングめし」です。3月11日から11月16日までの間、東北各地で食べたものの中から77食を選び、その中からさらに厳選した10食を載せています。

長期の実走取材の中でも、8月11日から8月13日までの「表紙撮影」の3日間は、一番のハイライトです。カメラマンの巣山悟さんと白河から青森まで走りました。 その3日間というのは次のようなものです。

第1日目

表紙撮影は国道115号旧道の土湯峠から始まった。抜けるような青空で、今年も巣山カメラマンとの旅は天気に恵まれる。奥羽山脈の峠を越えながら、表紙撮影のポイントを探していくのだが、猪苗代湖越しに見る磐梯山は目に残った。奥羽山脈の御霊櫃峠の頂上からは猪苗代湖を見下ろした。
鳳坂峠、甲子峠を越え、白河ICからは東北道で白石ICへ。白石温泉に泊まったが、赤々と夕日に染まった白石川の流れは美景だった。

第2日目

この日の表紙撮影は白石川の滑津大滝から始まった。東北の名瀑。羽州街道の金山峠を越える。山々の濃い緑を見ながら走る。東北の自然を存分に味わえる峠越えだ。上山から蔵王エコーラインで山形・宮城県境の刈田峠へ。峠周辺は数メートル先も見えない濃霧。宮城県側に下ると、霧は晴れ、青空が見えてくる。
峠を境にしての劇的な変化。蔵王の名瀑、「不動の滝」と「三階の滝」を見て、笹谷峠、鍋越峠、鬼首峠を越えて秋田県に入った。ここでも峠を境にして天気は変わり、秋田県側は豪雨。秋の宮温泉に泊まれてよかった!

第3日目

「青森まで行こう!」と、秋の宮温泉郷を5時前に出発。前夜の豪雨の名残で雲が低い。十文字から大森峠へ。ありがたいことに大森峠を越えるころには天気は回復した。つづいて巣郷峠、仙岩峠を越え、西根(八幡平市)から八幡平アスピーテラインを走る。青空を背にした岩手山の美しさといったらなかった。
八幡平から花輪盆地に降りたが、稲田の向こうに連なる奥羽山脈の山並みは印象的。発荷峠を越え、夕日に照らされた十和田湖を見る。最後の峠、八甲田の傘松峠を越え、青森駅前の到着したのは19時30分だった。

表紙撮影で巣山カメラマンは600枚近い写真を撮りましたが、そのうち通常版の表紙を飾ったのは第3日目の写真で、奥羽山脈の大森峠を越え、岩手県側の国道397号を下っていく途中のワンカットです。緑のトンネルを走り抜けていく気分はもう最高でした。

▲『ツーリングマップル東北2021年版・R版」の表紙写真

R版の表紙を飾ったのも第3日目の写真で、登山口の馬返しから見る岩手山です。裏表紙は八幡平アスピーテラインから見る岩手山。岩手富士(南部片冨士)の岩手山はどこから見ても絵になる東北の名山です。

▲『ツーリングマップル東北2021年版・R版」の裏表紙写真

巣山カメラマンが同行してくれた表紙撮影の3日間の写真の数々を見てください。このうちの何枚かは、「表紙撮影3days」と題して、本誌巻頭の写真ページに載っています。また表紙撮影の第1日目は、「かそりんの軌跡2021」と題して、本誌巻末の写真ページにのっています。ぜひとも本誌を手に取って見てくださいね。

みなさん、2021年版の『ツーリングマップル東北』を持って、東北を自由自在に駆けまわってください。カソリを見かけたら、気軽にお声をかけてください。東北でお会いしましょう~!

【Webikeショッピング】
ツーリングマップル 商品ページ

表紙撮影:第1日目

▲東北道の福島西ICを出発。Vストローム250(赤)に乗る渡辺哲さんが同行してくれる

▲国道115号旧道の土湯峠から見る磐梯山

▲母成グリーンラインの母成峠に到達

▲国道49号の中山峠

▲猪苗代湖越しに見る磐梯山

▲御霊櫃峠から猪苗代湖を見下ろす

▲奥羽山脈から郡山盆地に降りていく

▲会津街道(国道294号)御代宿の「えびな食堂」で昼食。カソリの大好物の「冷やし中華」を食べる

▲会津街道(国道294号)の勢至堂峠で「福島美人さん」と劇的な再会。峠はドラマの舞台だ!

▲国道118号の鳳坂峠

▲鳳坂峠を下ると羽鳥胡が見えてくる

▲国道289号で甲子峠を目指す。奥会津の山並みが目に残る

▲甲子峠の甲子トンネル(4345m)を走り抜けた!

▲白河ICに到着。ここから東北道で白石ICへ

▲夕暮れの白石川

▲今晩の宿は白石温泉「薬師の湯」。白石のスーパーで買った食材で宴会開始!

表紙撮影:第2日目

▲白石川の滑津大滝。東北の名瀑だ

▲羽州街道の金山峠を登っていく

▲羽州街道の金山峠。奥羽国境の峠

▲蔵王エコーラインの刈田峠に到着。濃霧で何も見えない…

▲蔵王エコーラインで宮城県側に下っていくと青空が見えてくる

▲国道286号の笹谷峠の宮城県側を登っていく

▲奥羽国境の笹谷峠に到達。山形県側は通行止なので峠で折り返した

▲天童の食堂「茂利多屋」で昼食。ここで同行してくれた渡辺哲学さんと別れる

▲尾花沢から国道347号で鍋越峠を越える

▲国道108号の鬼首峠を越えると豪雨の様相…

▲秋の宮温泉「秋の宮山荘」に飛び込みで行くと泊まれた。ラッキー!

表紙撮影:第3日目

▲早朝の国道108号を行く

▲十文字からは成瀬川に沿って走る

▲奥羽国境の大森峠を越えて岩手県に入る

▲胆沢ダムの奥州湖を見ながら走る

▲国道107号の巣郷峠。奥羽国境の峠だ

▲国道46号の仙岩峠の茶屋で「おでん」を食べる

▲「岩手富士」の岩手山を眺める

▲八幡平アスピーテラインで見返峠を越え、秋田県側を下っていく

▲花輪盆地から見る奥羽山脈の山並み

▲国道103号で発荷峠を越える。峠の展望台からは十和田湖を一望!

▲夕日に照らされた十和田湖。子ノ口で

▲国道103号で八甲田の傘松峠を越える。これが最後の峠

▲青森駅前に到着!

【Webikeショッピング】
ツーリングマップル 商品ページ

【ウェビック バイク選び】
【Vストローム250】の新車・中古車を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

スズキ Vストローム250の価格情報

スズキ Vストローム250

スズキ Vストローム250

新車 302

価格種別

中古車 102

本体

価格帯 49.75~62.61万円

54.7万円

諸費用

価格帯 6.79~7.02万円

6.64万円

本体価格

諸費用

本体

57.48万円

価格帯 49.2~66.99万円

諸費用

3.97万円

価格帯 4.94~5.67万円


乗り出し価格

価格帯 56.77~69.4万円

61.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

61.45万円

価格帯 54.14~72.66万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す