■予選:6月1日/決勝:6月2日
■開催地:ムジェロ・インターナショナルサーキット(イタリア)
■レース周回数:23周(120.635 km)

イタリア人がMotoGPとMotoEを制したイタリアGP 大幅記録更新でミシュランタイヤの進化が明白に

二輪ロードレースの世界最高峰シリーズであるMotoGP世界選手権の第7戦イタリアGPが開催され、Ducati Lenovo Teamのフランチェスコ・バニャイアが、土曜日に行われたスプリントレース、日曜日に行われたグランプリレース(決勝レース)の双方で優勝を飾りました。また、電動バイクによるMotoE世界選手権の2レースも開催され、第7戦ではLCR E-Teamのマッティア・カサディが、第8戦ではOpenbank Aspar Teamのケビン・ザンノーニが優勝。彼らはいずれもイタリア人ライダーであり、母国ファンにとっては最高の週末となりました。

なお、MotoGPの予選ではPrima Pramac Racingのホルヘ・マルティンによって新しいオールタイムラップレコードが樹立されたほか、グランプリレースを制したバニャイアによってレース中のファステストラップとレースタイムの最速記録がともに更新されました。特に優勝レースタイムは、昨年大会でバニャイア自身が記録したものより25秒以上も速く、MotoGP全ライダーが使用するミシュランタイヤの進化が明白となるパフォーマンスでした。

【MOTOGP 2024 ROUND 7 ITALY】イタリア人がMotoGPとMotoEを制したイタリアGP 大幅記録更新でミシュランタイヤの進化が明白に

イタリアGP優勝
フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ・デスモセディッチGP)

イタリアのバイクメーカーであるドゥカティ。そのワークスチームであるDucati Lenovo Teamは、母国で開催された今回のグランプリレースに、イタリアのナショナルチームがスポーツ大会でまとう色であるライトブルーの特別カラーリングで出場しました。

そして、バニャイアが昨年大会に続いて優勝を飾り、チームメイトのエネア・バスティアニーニが2位に入って、1-2フィニッシュを達成。ドゥカティ勢が4位までを占める結果となりました。

【MOTOGP 2024 ROUND 7 ITALY】イタリア人がMotoGPとMotoEを制したイタリアGP 大幅記録更新でミシュランタイヤの進化が明白に




【画像】【MOTOGP 2024 ROUND 7 ITALY】イタリア人がMotoGPとMotoEを制したイタリアGP (8枚)

情報提供元 [ 日本ミシュランタイヤ ]

この記事にいいねする


コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら