ホルヘ・マルティン、エネア・バスティアニーニとのシート争いに勝利して、マルク・マルケスが2025年にフランチェスコ・バニャイアのチームメイトとなった。Ducatiからはムジェロの結果を待つと言われていたようだが、ムジェロでは優勝こそ出来なかったもの、旧型のデスモセディチで圧倒的な存在感を示した。これで実質的に来年Ducatiは最強の布陣でシーズンに挑む。

マルク・マルケス

「契約書には朝の8時にサインしました。契約は2026年までの2年間です。来年はタイトル争いをしなければいけませんが、2024年はレプソル・ホンダ・チームを離れるという大きな決断をしました。感情的な負担は大きかった決断ですが、スポーツとキャリアを考えてのことでした。結果を求めてモチベーションを取り戻すための決断だったと言えるでしょう。」

「全てに対して勇気と意欲を持たなければなりません。批判や称賛を受けることもありますが、それに立ち向かうためには勇気が必要です。レプソル・ホンダを離れるという決断をしなければ、レースキャリアは長く続かなかったでしょう。怪我をしてから4年間結果が出ず、どんなに精神的に強くても自信とモチベーションを維持するのは難しいものです。今は頭の中に計画があり、うまくいっていると思います。」

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする


コメントを残す