ART YAMAHA、センセーショナルな走りでYOSHIMURA SERTとの差を1点に縮小 SERT’S EWC LEAD TO ONE POINT

*スパ8時間EWCレースの優勝は、EWCディフェンディングチャンピオンチームが獲得し、スーパー鈴鹿のポイント争いに弾みをつける。
*Yoshimura SERT Motul、ベルギーラウンドで2位を獲得し、2024年に向けて好調をキープ。
*Tati Team Beringer Racing、ホンダマシンでEWC初表彰台を獲得。
*Aviobike by M2 Revo、EWCでアプリリア初のスーパーストッククラス優勝
*National Motos Honda、FIM耐久ワールドカップ2位でリードを拡大
*Team 33 Louit April Moto、ルマンでの挫折から立ち直りスーパーストッククラス3位を獲得

Yamalube YART Yamaha EWC Official Teamは、スパ8時間EWCレースで優勝し、去年に引き続き、スパ・フランコルシャン・サーキットで開催されたFIM世界耐久選手権で2連勝を飾り、ルマン24時間レースでの転倒の記憶を払拭した。

EWCの栄光をかけた総力戦という謳い文句どおり、スパ8時間EWCレースは、スリリングな戦略バトルに発展した。
YARTチームは究極の速さを持っていたが、燃料消費量が多く、ライバルよりも多くのピットストップを強いられたため、より激しいペースアップを余儀なくされた。

→全文を読む

情報提供元 [EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト]

この記事にいいねする


コメントを残す