ドラッグレースと聞いて昔ながらのストリート・ゼロヨンを想像し、「まっすぐ走るだけでしょ」と思うライダーも少なくないだろう。けれどバイクをA地点からB地点まで、いかに効率よく最短距離でまっすぐ走らせるレースと聞いたらどうだろうか?

そう、愛車をドラッグレースが行われる距離、すなわち1/4マイル(約402mだ)に渡って寸分の狂いなくまっすぐ走らせるのは実は非常に難しいことと分かるはず。ましてやここで紹介する『JD-STERドラッグレース』の頂点クラスを走る、300ps超のモンスターでとなればまさに異次元のテクニックがライダーに求められるのだ。そんな眼でJD-STERを眺めれば、きっと新しいバイクの楽しみ方が見つかるはずだ。

JD-STERドラッグレースは茨城県にあるJARI城里テストコースで年5戦!

国内最大のドラッグレースイベント、JD-STERシリーズが開かれる会場は茨城県城里町にあるJARI(一般財団法人 日本自動車研究所)の城里テストセンター。当Webikeプラスで言えば、トリックスターによるニンジャZX-25Rターボプロジェクトでも、同施設のオーバルコースが使われたから覚えている読者も多いかもしれない。

また、モビリティリゾートもてぎに常磐自動車道経由で出かけたことのあるライダーなら、実は会場の入口をかすめているはず。地図で確認すると「ああ、ここにあるのか」と気づく、関東圏からはアクセスの良い施設だ。

今シーズンのJD-STERドラックレース第1戦はすでに5月5日に開催済みだが第2戦は6月9日、以降第3戦:7月14日、第4戦:10月6日、そして最終戦の第5戦は11月4日に予定されている。もちろん、いずれも休日開催。先の通りアクセスも良いから、関東圏のライダーなら気軽な日帰りツーリングの目的地にもできる、魅力的なバイクイベントとしてもお勧めしたい。

注目はやっぱりトップ・オブ・JD-STER、300ps超マシンがひしめくプロオープンクラスだ!

「初めてドラッグレースを観る」というライダーにまず注目してほしいのは、やっぱりトップカテゴリーのプロオープンクラスだ。エンジンから車体まで改造自由で、唯一禁止されるのはATぐらい。

ドラッグレースを走る車両は、ドラッグレース専用シャシー(ローリングシャシーとも言われる、リジッドフレームを使用する)を使うものと、市販車をチューニングしたものに大別されるけれど、JD-STERでは後者が主流。中でもプロオープンを走るのはNOS(ナイトロ オキサイド システム)やターボ、スーパーチャージャーなど過給機を使って300ps超にまでパワーを引き上げられたモンスターマシン群。スーパーチャージャーを搭載した市販車、カワサキH2の最高出力(ラムエア加圧時)が231psであったことを思えば、まさに異次元ともいえるチューニングが施されているのだ。

そんなプロオープンクラスで2023年シーズンのシリーズチャンピオンとなったのは白田文博選手+HAYABUSA1441R。第2世代のハヤブサをベースに純正の1340ccから1441ccに排気量を拡大、1441ccとしたその直近の公称馬力は330hp(334.6ps、246.1kw)以上。

2016年と2018年、そして2021~2023年の間は3年連続チャンピオンという不動の王者。8秒400というJARIでのコースレコードも保持するライダーだ。白田選手は、この第1戦でも予選から1番時計の8秒512を記録。早速に王者の貫録を見せつける。

しかし、決勝トーナメント第2回戦(準決勝)走行中にまさかのNOSトラブルが発生。ゴール後にスロットルを戻し吹き返したNOSがエアクリーナーボックス内で暴発。エアクリーナーを破壊した結果、フューエルタンクとサイドカウルが脱落してしまう。

転倒がなかったのは白田選手のこれまでの経験値の高さによるところだろうが、この時のゴール時終速は230km/h弱。エアクリーナーが膨らんで押されたタンクやカウルが風圧で引きはがされる、というアクシデントもそんなモンスターマシンならではかもしれない。

わずか8秒という走行の間にさまざまなドラマが起こるのも、ドラッグレースの醍醐味かもしれない。

ライバルたちも車種・チューニングは百花繚乱! どのライダーを応援する?

そんな絶対王者・白田選手を取り巻くライダーに目を向けると、今シーズンはベースマシンのバリエーションやチューニングの方向性はそれぞれ。レースだからもちろんタイムや勝敗は大事だが『オレはこのバイク、この仕様で行く!』という主張が分かりやすく見る者に伝わるのも、ドラッグレースの面白さでもある。

ここからは第1戦にエントリーした車両群を紹介していこう。

観戦料は1000円とリーズナブルなのもJD-STERの魅力

そんなJD-STERドラッグレースだが、バイクで訪れれば駐車料金は無料。観戦料はひとり1000円とお手頃なのも魅力だ。会場内には多数のキッチンカーが並ぶから、昼食の心配もない。

そしてお昼休みには簡単なブリーフィングを受けることでコースを無料で走行体験できる(タイム計測あり!)サービスも毎戦実施されるから、「それなら!」というライダーはぜひチャレンジしてみてほしい。きっと、ドラッグレースの魅力に気づくはずだから。

大会では排気量やタイムで9つのクラスが設定される、JD-STERドラッグレースの詳細は以下から。
https://jd-ster.com/

JD-STER大会概要

■大会名:JD-STERドラッグレース
■会場:JARI(一般財団法人日本自動車研究所)城里テストセンター
〒311-4316茨城県東茨城郡城里町大字小坂字高辺多1328番23
■開催日:第1戦 5月5日、第2戦 6月9日、第3戦 7月14日、第4戦 10月6日、第5戦 11月4日
※各大会前日には誰でもバイクでJD-STERの特設ドラッグコースを走行できるOPEN TRACK DAYを設定。詳細はJD-STERのHPで。
■入場料:1,000円/1日
■駐車料:2輪車無料、4輪車 1,000円/1台

【画像】JD-STERのプロオープンクラスを目撃せよ! (9枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 157

価格種別

中古車 87

本体

価格帯 190.63~222.2万円

213.27万円

諸費用

価格帯 8.17~10万円

5.37万円

本体価格

諸費用

本体

115.45万円

価格帯 45.4~185万円

諸費用

14.22万円

価格帯 2.99~12.12万円


乗り出し価格

価格帯 198.8~232.2万円

218.64万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

129.68万円

価格帯 57.52~187.99万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ KATANAの価格情報

スズキ KATANA

スズキ KATANA

新車 109

価格種別

中古車 16

本体

価格帯 125.95~140.25万円

137.06万円

諸費用

価格帯 11.44~21.2万円

10.57万円

本体価格

諸費用

本体

123.31万円

価格帯 91.3~182.05万円

諸費用

7.46万円

価格帯 5.88~10.75万円


乗り出し価格

価格帯 137.39~161.45万円

147.63万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

130.78万円

価格帯 97.18~192.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ ZX-14Rの価格情報

カワサキ ZX-14R

カワサキ ZX-14R

新車 0

価格種別

中古車 33

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

145.42万円

価格帯 81.55~228.36万円

諸費用

9.38万円

価格帯 0.12~19.38万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

154.8万円

価格帯 100.93~228.49万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す