■予選:4月27日/決勝:4月28日
■開催地:サーキット・ド・ヘレス‐アンヘル・ニエト(スペイン)
■レース周回数:25周(110.575 km)

ドゥカティのバニャイアが今季2勝目をマーク
重要記録各種の更新でミシュランタイヤの進化が示される

ミシュランが出場全車にタイヤ供給を行っている二輪ロードレースの世界最高峰シリーズ MotoGPの2024年シーズン第4戦スペインGPが開催され、土曜日のスプリントレースではPrima Pramac Racingのホルヘ・マルティン、日曜日のグランプリレース(決勝レース)ではDucati Lenovo Teamのフランチェスコ・バニャイアがそれぞれ優勝を飾りました。

今大会は、土曜日までは例年にない低さの路面温度や雨混じりの天候に見舞われ、路面のグリップレベルが安定しませんでした。それでも、舞台となったヘレス・サーキットにおけるMotoGPマシンの史上最速ラップタイム(オールタイムラップレコード)、決勝におけるファステストラップ、そして周回数25周で行われる決勝のレースタイムのすべてで従来記録が更新され、新コンパウンドを採用したミシュランタイヤの性能向上がまたしても大いに示された週末となりました。

【MOTOGP 2024 ROUND 4 SPAIN】ドゥカティのバニャイアが今季2勝目をマーク

スペインGP優勝
フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ・デスモセディッチGP)

過去2戦では不本意な結果に終わっていた2年連続チャンピオンのバニャイアですが、得意とするヘレス・サーキットで持ち前の強さを存分に発揮。6度の世界王者であるマルク・マルケスと一騎打ちを繰り広げると、最後は先輩ライダーを突き放して勝利しました。

バニャイアの優勝レースタイムは従来記録を更新するものであり、かつ、25周のレースの23周目にファステストラップの新記録をマーク。ハイペースでの走行をこなし続けてきたすえに最も速いラップタイムを叩き出せるミシュランタイヤの高性能とその持続性能の高さがまたしても大いに示されました。

【MOTOGP 2024 ROUND 4 SPAIN】ドゥカティのバニャイアが今季2勝目をマーク



【画像】【MOTOGP 2024 ROUND 4 SPAIN】ドゥカティのバニャイアが今季2勝目をマーク (8枚)

情報提供元 [ 日本ミシュランタイヤ ]

この記事にいいねする


コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら