3台体制で挑むTeam TATARA aprilia

全日本ロードレース選手権で唯一アプリリアで戦っているTeam TATARA apriliaが都内ホテルで「Team TATARA 2023体制発表会・感謝の集い」を開催。2023年シーズンのチーム体制を明らかにした。まずJSB1000クラスには、新しく新庄雅浩を起用。豊田浩史とのコンビでフルエントリーする。昨年、シーズン途中から代役としてチームに加わった和田留佳はST1000クラスにフル参戦する。昨年、JSB1000クラスを戦った江口謙は現場責任者ECU担当としてチームに帯同する。

今シーズンよりJSB1000クラスの特別申請車両として参加が認められた最新モデルのaprilia RSV4 Factory 1100でタイヤはブリヂストンというパッケージ。ST1000クラスは、RSV4 RF LEにワンメイクのダンロップとなる。

「レース歴は20年ほどになり、そこそこベテランという立ち位置です。自分が生きてこられたのも多くの方に支えられ、影響を受けて、楽しい時間や苦しい時間を共に過ごし、今の自分があると思います。人は宝と言いますし、今までお世話になって来た方、今日初めてお会いする方、このチームに縁があって、ここにいられると思っています。このチームでいいきっかけや縁が生まれ、みんなで温かいチーム、熱いチーム、活躍するチームにしていきましょう。皆さんのタカラになるチームに所属させていただきます。みんなのタカラ、チームタタラ(笑)よろしくお願いいたします」と新加入する新庄。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

この記事にいいねする

コメントを残す