「カワサキ プラザネットワーク」を代表するレーシングチームである「Kawasaki Plaza Racing Team」が、2023年シーズンの参戦体制を発表した。当チームは昨年度「鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス」に初参戦。その中でもクラス優勝を成し遂げている実力あるチームだ。今シーズンは2022シーズンに引き続きチーム監督に西嶋修、ライダーに岩戸亮介選手を起用し、「全日本選手権ST1000クラス」および「鈴鹿8時間耐久レースNational STOCKクラス」に参戦する。

西嶋修監督コメント

20230123-2023season-kawasaki-plaza-racing-team

「今シーズンも引き続きKawasaki Plaza Racing Teamの監督を務めさせて頂く事となりました。昨年はチーム発足1年目ながら鈴鹿8耐においてSSTクラス優勝という成績を収めることができました。そこでは全国のカワサキプラザ店、カワサキファンの皆さんと8耐を共に『戦う』『楽しむ』『喜ぶ』を共有できた事でレースとチームをより身近に感じて頂けたと思います。今シーズンもこの取り組みを継続し、昨年成し遂げる事ができなかったST1000クラスの優勝と鈴鹿8耐連覇を目指してカワサキプラザ店、カワサキファンの皆さんと一緒に頑張りたいと思います。チームもレベルアップして頑張りますので応援よろしくお願い致します。」

岩戸亮介選手監督

20230123-2023season-kawasaki-plaza-racing-team

「2023シーズンもKawasaki Plaza Racing Teamのライダーとして、レースに参戦出来ることを嬉しく思います。昨年からこのチームが発足し、鈴鹿8耐のクラス優勝等もあり、全国のカワサキプラザ店やお客様との繋がりが深くなってきたことを強く感じます。この繋がりを強みに、今シーズンも鈴鹿8耐の連覇と全日本選手権での優勝を目標に全力で戦ってまいります。熱い応援をよろしくお願い致します!」

Kawasaki Plaza Racing Teamとは

2022年より発足した「Kawasaki Plaza Racing Team」は、カワサキモータースジャパンが全国展開を行っている「カワサキ プラザネットワーク」を代表するレーシングチームとして、全日本ロードレース選手権「ST1000クラス」、「FIM世界耐久選手権 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス」へ参戦している。昨年度の「鈴鹿8時間耐久ロードレース SSTクラス」では、初参戦SSTクラス優勝を成し遂げた。

参戦車両は、一体型ウイングレット装備のカウルが優れた空力性能とダウンフォースを生み出すNinja ZX-10R。スーパーバイク世界選手権において前人未到の6連続タイトルを獲得したモデルでもある。

20230123-2023season-kawasaki-plaza-racing-team

20230123-2023season-kawasaki-plaza-racing-team

20230123-2023season-kawasaki-plaza-racing-team

■カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト www.kawasaki-motors.com/

■カワサキモータースジャパン公式SNSアカウント
Twitter:https://twitter.com/kawasaki_jpn
Facebook:https://www.facebook.com/Kawasaki.Motors.Japan
YouTube:https://www.youtube.com/c/Kawasaki_JPN
Instagram:https://www.instagram.com/kawasaki_motors_japan/
LINE:https://lin.ee/W4VsNNe

情報提供元 [ カワサキプラザネットワーク ]

この記事にいいねする

コメントを残す