Kawasaki Plaza Racing Team 2023年参戦体制

株式会社カワサキモータースジャパンは1月20日(金)に「Kawasaki Plaza Racing Team」の参戦体制を発表。チーム発足2シーズン目となる2023年は、引き続き岩戸亮介を起用し、全日本ロードレース選手権ST1000クラスと鈴鹿8耐SSTクラスに参戦する。マシンはKawasaki Ninja ZX-10R、チーム監督は西嶋修とチーム体制も変わらない。

「2023シーズンもKawasaki Plaza Racing Teamのライダーとして、レースに参戦できることをうれしく思います。昨年このチームが発足し、鈴鹿8耐のクラス優勝等もあり、全国のカワサキプラザ店やお客様との繋がりが深くなってきた ことを強く感じます。この繋がりを強みに、今シーズンも鈴鹿8耐の連覇と全日本ロードレース選手権での優勝を目標に全力で戦ってまいります。熱い応援をよろしくお願いいたします!」と岩戸。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

この記事にいいねする

コメントを残す