今週末、Honda Racing Thanks Dayに参加したマイク・ディ・メリオ選手は、F.C.C. TSR Honda FranceのFIM世界耐久選手権連覇に貢献する意思を表明した。

マイク・ディ・メリオ選手は、ジョシュ・フック選手、ジノ・レイ選手、アラン・テッカー選手とともに、2022年のTSRのEWCタイトル獲得に極めて重要な役割を果たした。
モビリティ・リゾート・もてぎで、マイク・ディ・メリオ選手は、次のように語った。「ホンダでの初タイトルはとてもうれしいぁったんだ。厳しいシーズンだったけど、またタイトルを獲得できて、とてもうれしく思っているよ。応援してくれた皆さん、チームに感謝するよ。来年もまたタイトルが獲得できるように頑張るよ。」

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す