FIM世界耐久選手権は、プロモーターのDiscovery Sports Events(DSE)が国連のSports for Climate Actionグループと協力して、モータースポーツが地球に与える影響を軽減するために、持続可能な未来を目指すグローバルな活動に参加することになった。

国連気候変動対策スポーツグループに加盟しているDSEは、2030年までに大会全体の温室効果ガスの排出量を50%まで削減し、2040年までに実質ゼロを達成することを目標に掲げている。また、DSEは、年間の二酸化炭素排出量と排出量削減の進捗を測定・開示、そして、将来的に排出量削減目標を達成するための計画を提出することを約束している。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す