9月に開催されたボルドール24時間レースでWojcik Racing Teamの一員として表彰台を獲得したシェリダン・モライス選手は、先週末に開催されたマカオ・モーターサイクル・グランプリでも3位を獲得し、その喜びを語ってくれた。

SYNTAINICS by Penz 13 Hondaから参戦したシェリダン・モライス選手は、序盤からリードし、3周目のメルコヘアピンでライバルのエルノ・コスタモ選手とデビッド・ダッツァー選手に抜かれるまでトップをキープしていた。上位2台のペースには及ばなかったものの、シェリダン・モライス選手の3位は、FIM世界耐久選手権の常連ライダーの実力を示すものとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す