レース中に負傷したFIM世界耐久選手権のトップライダー、ジノ・レイ選手が行っている神経リハビリテーション治療のための募金は増え続けているが、彼の家族が当初目標としていた125,000ポンドを達成するためには、さらなる支援が必要だ。

F.C.C. TSR Honda Franceのライダー、ジノ選手は、8月に開催された"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会の練習走行中に大怪我を負った。その後、彼は母国イギリスに戻り、回復のための治療を続けているが、彼の家族が立ち上げたGoFundMeの呼びかけでは、まだ現在5万ポンド以上不足している。

詳細と寄付については、こちらのリンクをご覧ください。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す