ジェフロイ・デハーイェ選手は、ドイツのプライベートチーム、Motobox Kremer RacingがFIM世界耐久選手権2022年シーズンを有意義に終えたことを受け、チーム監督達に感謝の意を示した。

フランス人ライダーのジェフロイ選手は、ドイツ人ライダーのステファン・ストローレン選手とオーストリア人ライダーのルーカス・ヴァルヒュッター選手と組んで、5.673kmのポール・リカール・サーキットをトラブルなく689周し、ボルドール24時間レース第100回記念大会のフォーミュラEWCクラスで9位に入賞した。

「ボルドールを総合19位でゴールしたよ。」とジェフロイ選手は語った。「残念ながら、期待した結果にはならなかったけど、今の状態を考えれば悪くないと思うよ。いつものように、僕はポジティブに考えているんだ。あきらめずに、できる限り速く、安定した走りをするためにベストを尽くしたんだ。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す