ターン13でのアクシデントに関するバウティスタ、レイの主張 SBKマニクール戦レース2

マニクール戦のレース2では、チャンピオンシップ争いをするアルヴァロ・バウティスタ、ジョナサン・レイが接触。ターン13に鋭角に侵入したジョナサン・レイが、インからアルヴァロ・バウティスタを弾き飛ばす形になってアルヴァロ・バウティスタがリタイアとなった。

アルヴァロ・バウティスタはジョナサン・レイのようなチャンピオンシップがこんなライディングをするとは、と驚きと怒りを隠しきれない様子で、一方のジョナサン・レイは故意の接触ではないと語る。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする

コメントを残す