TATI Team Beringer Racingは、今月、ポール・リカール・サーキットで開催されたFIM世界耐久選手権シーズン最終戦での「so-near-yet-so-far(近いが遠い)」の瞬間を振り返っている。

ボルドール24時間レース第100回記念大会で、このフランスチームは表彰台、そしてEWCタイトル獲得を目指し、一時レースをリードしていた。しかし。テクニカルトラブルにより順位を落とし、チームとレオン・ハスラム選手、グレゴリー・ルブラン選手、バスティアン・マッケルズ選手のライダートリオは大いに落胆することになった。

「たとえ期待した結果でなかったとしても、我々がしてきたことに誇りを持つべきだと思う。」と、チームはFacebookに投稿した。「我々は年々成長しているし、ポテンシャルとチームスピリットを持っている。」

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す