Viltaïs Racing Igolは、ポール・リカール・サーキットで開催されたボルドール24時間レース第100回記念大会で初優勝を飾るとともに、EWCインディペンデント・トロフィーを獲得し、見事二冠を達成した。

EWCのプロモーターであるDiscovery Sports Eventsが主催するインディペンデント・トロフィーは、フォーミュラEWCクラスとスーパーストッククラスにメーカーからのサポートなしで参戦するチームに対して、その功績と努力を称えるものである。

今年のタイトルは、ヤマハマシンを駆るViltaïs Racing IgolがWójcik Racing Teamに5.5ポイントの僅差で勝利し、Team Bolliger Switzerlandが3位を獲得した。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す