FIM世界耐久選手権を制した日本チームのF.C.C. TSR Honda Franceのエースライダー、ジョシュ・フック選手は、「負けを認めない姿勢」が勝因だと語る。

ジョシュ・フック選手、「我々は決してあきらめなかった」と語る

昨日、ポール・リカール・サーキットで開催されたボルドール24時間レース第100回記念大会において、F.C.C. TSR Honda Franceは、マシントラブルを起こし、順位を下げ、優勝のチャンスを失った。

しかし、ジョシュ選手が明かすように、彼や仲間が完走を諦めて、2017-18シーズン以来となる栄光のFIM世界耐久選手権チームタイトルが獲得できないと思ってた瞬間はなかったようだ。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す