Viltaïs Racing Igolは、本日(日曜日)午後、ポール・リカール・サーキットで行われたボルドール24時間レース第100回記念大会の激闘の末、優勝し、大きな成功を収めた。しかし、F.C.C. TSR Honda Franceは、同レースで、FIM世界耐久選手権タイトルを獲得し、さらに大きな栄光を手にした。
F.C.C. TSR Honda Franceのタイトル獲得は、南フランスの太陽の下でのドラマチックなレース展開と、ルマンやスパ・フランコルシャンでの24時間レース、そして日本での鈴鹿8時間レースと、盛りだくさんのEWCシーズンを締めくくるにふさわしいものであった。

満員のスタンドの前で、Viltaïs Racing IgolのEWC初優勝は、ドラマチックであると同時に、やや想定外の出来事だった。しかし、これは舞台裏でのヤニック・ルコット監督のたゆまぬ努力、フロリアン・アルト選手(ドイツ)、エルワン・ニゴン選手(フランス)、スティーブン・オデンダール選手(南アフリカ)のトリオの素晴らしい走り、さらにリザーブライダーのジェームス・ウェストモアランド選手(イギリス)が大きく貢献することで報われたといえるだろう。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す