ポール・リカール・サーキットで行われ、最後の90分間ではドラマチックな展開を見せたボルドール24時間レース第100回記念大会で、Viltaïs Racing Igolが、FIM世界耐久選手権初勝利となる優勝を遂げた。
ERC Endurance- Ducatiはトップを順調に快走していたが、マシントラブルでストップしたため、Wójcik Racing Teamが先頭に立つことになった。

しかしその直後、このポーランドチームのヤマハマシンはスローダウンしたため、マチュー・ギネス選手はマシンをピットに戻して修理を行った。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す