Yoshimura SERT Motuの加藤 陽平監督は、メカニカル的なマシントラブルによってボルドール2連覇とFIM世界耐久選手権2連覇を逃したことについて、その心境を語ってくれた。
序盤、グレッグ・ブラック選手がトップを快走していたが、34周目に渡辺 一樹選手にスイッチした直後、スズキ GSX-R1000R #1にトラブルが発生した。

エンジンのオーバーヒートトラブルを解決するために3時間以上作業を続けたが、その努力もむなしく、チームはリタイアを余儀なくされた。

「残念だけど、エンジンがオーバーヒートしてしまったんだ。」と加藤監督は語ってくれた。「その時は好調で、クルーも信じられないようなチームワークで修復を試みてくれたんだけど、代替えパーツがなかったから非常に難しい状況だったんだ。」

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す