1978年に始まった、アメリカにおけるヨシムラとスズキのパートナーシップは、40年以上にわたる成功に満ちた歴史を歩んできたが、2019年に解消され、ヨシムラのアメリカンロードレースの歴史は休止していた。そして2022年、ヨシムラとして初めて、ヤマハ車でレースをすることが発表された。

POP吉村の孫が始める新しいプロジェクト

ヨシムラの創始者であるPOPこと吉村秀雄は、1954年に福岡県でヨシムラモータースを創業。第二次世界大戦後に日本へ駐留していた米兵を相手にバイクのチューニングを手がけ、物おじしない性格や面倒見のよさから「POP(親父)」と名付けられた。当初はBSAやBMWの販売代理店もやっていたというが、米兵のためにCB72とCB77をチューニングしたのがアメリカとヨシムラの関わりの始まりだったと言っていいだろう。

現在まで68年間の歴史の中で、ヨシムラはホンダ、カワサキ、スズキのマシンでレース活動を続け、1978年には第1回鈴鹿8時間耐久ロードレースにスズキGS1000で参戦し、ホンダワークスを相手に優勝をもぎ取っている。1972年にアメリカへ進出し、1975年に現在のヨシムラR&Dオブアメリカへ改名。鈴鹿8耐の参戦と時を同じくして1978年にアメリカでもスズキとのパートナーシップを開始する。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

コメントを残す

ヤマハ YZF-R7の価格情報

ヤマハ YZF-R7

ヤマハ YZF-R7

新車 25

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 99.99万円

99.99万円

諸費用

価格帯 ―万円

7.42万円

本体価格

諸費用

本体

129.78万円

価格帯 119.3~146.8万円

諸費用

5.51万円

価格帯 5.43~7.81万円


乗り出し価格

価格帯 99.99~110.09万円

107.41万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

135.29万円

価格帯 124.73~154.61万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す