先月開催された"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会で負傷し、決勝レース欠場を余儀なくされたシルバン・ギュントーリ選手が復帰を果たした。

シルバン選手は、日本のEWCレースの練習走行中に転倒し、左手を負傷したが、昨日(火曜日)、ボルドール24時間レース第100回記念大会の走行テストで、スズキマシンを駆るYoshimura SERT Motulに復帰した。

シルバン選手はフェイスブックにこう綴っている。「今週末のEWC2022年スケジュール最後の24時間レースであるボルドールに向けて、ポール・リカール・サーキットでコースに復帰した。」

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す