2位エネア・バスティアニーニ「序盤ペッコについていくことが出来なかった」MotoGP2022サンマリノGP

来年からフランチェスコ・バニャイアのチームメイトとなるエネア・バスティアニーニは、今回のレースでDucatiに対して、それが正しい選択だったと証明する走りを見せた。最終ラップのアタックではあわやというシーンもあったため、これで後半戦にチームオーダーが出るきっかけになるかと言われているが、Ducati内外に、MotoGPクラスのトップレベルで戦える戦闘力があることを見せつけたレースとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする

コメントを残す