アラン・テッカー選手は、TATI Team Beringer Racingの全面的な協力のもと、F.C.C. TSR Honda Franceに復帰し、今週のFIM世界耐久選手権2022年シーズンの最終戦となるボルドール24時間レースに参戦する。

アラン選手は、6月に開催されたスパ24時間EWCレースで2位を獲得したTATI Team Beringer Racingのライダーメンバーであった。しかし、彼は、先月の鈴鹿8耐での練習走行中に転倒を喫し、頭部に重大な怪我を負い、現在回復中のイギリス人ライダー、ジノ・レイ選手の代役を務めるため、2017-18年のEWCタイトル獲得に貢献したF.C.C. TSR Honda Franceに移籍することになった。

パトリック・エンジョラス監督が率いるプライベートチーム、TATI Team Beringer Racingからの投稿には、こう書かれていた。「アラン・テッカー選手が我々のチームのために行ってくれたすべての行動に感謝する。あなたが行った仕事と人間味あふれる行動に感謝する。我々はあなたの今後の活躍を祈っている。」

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す