今月初旬に日本の伝説的なサーキットで行われたFIM世界耐久選手権でデビューウィンを飾ったFIMスーパーバイク世界選手権のトップ選手、イケル・レクオーナ選手は、鈴鹿8耐へ再び参戦することをを熱望している。

開催国出身の長島哲太選手、高橋巧選手とTeam HRCのライダートリオを組み、"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会に参戦したスペイン人ライダーのイケル選手は、ホンダ CBR1000RR-RSPを駆り、見事優勝を果たした。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

この記事にいいねする

コメントを残す