YART - Yamaha Official Team EWCは、FIM世界耐久選手権2022年シーズン第3戦、"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会に向け、高温多湿のサーキットで2分06秒台を記録した唯一のチームとして、テスト2日目を終了した。

また、YARTはこの日、5回のセッションのうち最初のセッションで、カレル・ハニカ選手が2分06秒684を記録し、2分07秒台を切る唯一のチームとなった。このラップは、Team HRCがこのセッションで記録した2分07秒539に0.86秒の差をつけている。

第2セッションでは、Team HRCがYARTの第2セッションのベストラップを1秒以上上回る2m07.049秒を記録し、YARTの第1セッションのタイムにさらに一歩近づいた。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す