ジェームス・トスランド「ラズガットリオグルのMotoGP参戦は時間の無駄になる」

FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)でチャンピオンになったあと、2008年からMotoGPに参戦。2010年には再びFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)に舞い戻ったジェームス・トスランドは、2つの世界を見たライダーとして、噂に何度か上がっているトプラック・ラズガットリオグルのMotoGP参戦は時間の無駄だと語る。

今まで以上にどのバイクでも表彰台を狙える状況にも関わらず、経験豊富なドヴィツィオーゾがここまで苦戦している状況、トプラック・ラズガットリオグルの年齢も考えると、MotoGPへの参戦は現実的ではないという判断のようだ。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

コメントを残す