WDW2022_Lenovo-Race-of-Champions_UC411619_Mid-1024x576-1.jpg

ワールド・ドゥカティ・ウィーク Lenovo Race of Championsでフランチェスコ・バニャイアが独走優勝

ワールド・ドゥカティ・ウィークで開催されたLenovo Race of Championsには、MotoGP、FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)から各選手が参戦。ミサノで開催されたレースでDucatiレノボチームのフランチェスコ・バニャイアが圧倒的な強さで優勝した。

フランチェスコ・バニャイアは練習走行でもトップタイム、ポールポジションを獲得してレースに挑んだ。レースは全8周のスプリント形式で、スタート直後からトップに立ったフランチェスコ・バニャイアは、終始トップを走行。後続の選手を引き離して独走で優勝。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする

コメントを残す