シルバン・ギュントーリ選手は、来月日本で開催されるFIM世界耐久選手権2022年シーズン第3戦の「タフ」な戦いに向けて気を引き締めている。

2021年EWCタイトルを獲得したYoshimura SERT Motulチームのライダーであるシルバン選手は、ザビエル・シメオン選手と開催地のヒーロー、渡辺一樹選手と共に、8月4日から7日まで開催される"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会にスズキGSX-R1000Rに搭乗し、参戦する。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す