アクション満載のFIM世界耐久選手権は、来週、まさに伝説的レースである「"コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」が待望の復活を遂げ、再び開催される予定だ。

EWC2022年シーズン終盤戦の幕開けを告げる鈴鹿8耐は、世界的な新型コロナウィルス感染症の流行の影響を受け、2019年の開催を最後にEWCスケジュールから遠ざかっていた。8月4日から7日にかけて開催される鈴鹿サーキットでのレースは、多くのファンや選手にとって待ち望んだものであり、EWCのレギュラーチームとそのライダー達と日本のトップチームとライダー達が、鈴鹿サーキットのスーパーテクニカルレイアウトに挑戦するレースでもある。

鈴鹿サーキットは、8の字型のユニークなコースデザインに加え、高速・中速・低速コーナーが混在するテクニカルコース。また、鈴鹿8耐は気温35℃、湿度40%という厳しい環境でのEWCレース開催となり、過酷なレース展開が予想される。

→全文を読む

情報提供元 [ 世界耐久選手権×Webike ]

コメントを残す