KRTのジョナサン・レイ、アレックス・ロウズ、KRT/Provecのテクニカルスタッフ、マネジメントスタッフが日本を拠点とするKMCのスタッフに加わって、鈴鹿8耐に備えたテストを行った。なお、レースウィームには30人以上のスタッフが参加することになる。

今回のテストでは、集まったメンバーがお互いを知ること、そして長い耐久レースの中で行われるピット作業の効率を向上させ、ライダーとマシンのポテンシャルを向上させる機会となった。鈴鹿のピットボックスはあまり大きくないため、ホイール交換、給油、ロジスティクスなどに多くの練習が必要となる。EWCにおいてはピットの時間短縮はコースでのタイムアップと同様に重要となるのだ。テストはフルウェットからドライまで様々なコンディションでテスト走行が行われ、1ヶ月後に開催となるレースに向けて、チームとライダーは多くの経験を積むことが出来た。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

コメントを残す