MotoGP2022前半戦振り返り ホンダ アルベルト・プーチ「戦闘力が不足しているのは事実」

レプソルホンダのアルベルト・プーチは、今年前半戦の成績を振り返って明らかな戦闘力の不足を感じていると語る。マルク不在、そして新たな手術のために長期離脱が決定的な状況で、後半戦をどう戦っていくのか、来年残留はないと思われるポル・エスパルガロ、中上 貴晶、そして来年Ducati陣営となるアレックス・マルケス、開発ライダーのステファン・ブラドルの体制で、後半戦にどこまで有用なデータを蓄積出来るだろうか。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

コメントを残す