ヤマハ発動機とモンスター・エナジー社による、Yamaha Factory Racing MotoGP Teamのタイトルスポンサーとなる複数年契約合意が発表された。このため、今後もMonster Energy Yamaha MotoGPとしての出場が継続する。

2013年からのスポンサー契約は今後も

Monster Energyは2013年に同チームのオフィシャル・スポンサーとなり、2019年からはタイトル・スポンサーを務めた。
ヤマハファクトリーチームはこの間、MotoGPで2015年にトリプル・クラウン、2016年にチーム・タイトル、そして2021年にはライダータイトルを獲得。
ファビオ・クアルタラロ選手とフランコ・モルビデリ選手はともに、Monster Energyのライダーとして定着し、高い評価を得ている。

2年間の契約延長の合意したディフェンディング・チャンピオンのクアルタラロ選手は、今季もタイトル争いを展開し、8ポイントをリードしてランキングトップ。また同チームは、第9戦カタルニアGPを前にトップから10ポイント差のランキング3位につけており、好調な成績を維持している。

リン・ジャービス談(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)

「Monster EnergyカタルニアGPは、私たちチームとMonster Energy社との強力なパートナーシップの継続を発表する絶好の機会となりました。Monster Energyはさらに数年間、Yamaha Factory Racing MotoGP Teamのタイトル・スポンサーとなります。
ヤマハ発動機とMonster Energyは長年にわたり、さまざまなモータースポーツ・カテゴリーで緊密な関係を築いてきました。彼らがモータースポーツ産業およびモーターサイクル・レース界の頂点であるMotoGPに深い理解を持っているからこそ、ともに協力し合い、順調に仕事ができるのです。彼らは2013年にチームのオフィシャル・スポンサーとなり、2019年にはタイトル・スポンサーに就任しました。
今回の更新は、数年をかけて築いてきた互いへの信頼と尊敬の証であり、また、国際レースのトップカテゴリーでモーターサイクル・スポーツをサポートし、ブランドバリューの促進を図ろうとする両社共通の意欲を示すものです。この新たな契約により、ヤマハ発動機とMonster Energyとのパートナーシップが一層、強化されることとなります」

ヤマハ発動機ニュースページより

ファビオ・クアルタラロ選手は昨年度のMotoGPチャンピオンを獲得。2023年~2024年の契約更新にも合意している。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

コメントを残す