ジャック・ミラー 2023年、2024年にレッドブルKTMファクトリーレーシングからMotoGPに参戦

現在DucatiレノボチームからMotoGPに参戦するジャック・ミラーは、2023年、2024年にレッドブルKTMファクトリーレーシングと契約。Moto3で共に参戦したKTMからMotoGPに参戦することになる。

27歳のミラーはブラッド・ビンダーと共にファクトリーチームとして参戦することになる。KTMでは2014年にMoto3時代に6勝を上げており、おしくもタイトルを逃している。なお、MotoGPクラスに参戦したのは2015年からで、当時はMoto2を飛び越しての飛び級が話題となった。

なお、元々Pramacにいたフランチェスコ・グイドッティが現在レッドブルKTMファクトリーレーシングのチームマネージャーとなっていることから、ミラーにとってもチームに順応するのに良い環境が整っていると言える。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

コメントを残す