アレックス・リンス 中上に巻き込まれた転倒で手首を骨折

リンスはカタルーニャGPで中上に追突され転倒。左手首の手根骨に骨折が見つかっている。MRI検査によると靭帯の損傷はない。左足首も痛めたリンスではあるが、これは炎症であると診断された。リンスは今後手首を固定、定期的にアイシングと電磁療法、抗炎症剤の投与、休養などの回復プログラムを開始する。

当然ながら当初予定されていた月曜日のテストには参加出来ない。2週間後に行われるドイツGPに出場出来るかどうかは今後の回復具合による。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

コメントを残す