ファビオ・クアルタラロは今回素晴らしいレースペースを発揮していたが、序盤数周でフランチェスコ・バニャイアを抜けないと厳しいレースになると予想していた。

今回はペッコのスタートが素晴らしかったこともあって、ファビオ・クアルタラロはフランチェスコ・バニャイアを追う展開となり、フロントが暴れまわっていたという状況もあり、2位でレースを終えた。チャンピオンシップにおいては首位となっており、次回は故郷フランスにポイントリーダーとして凱旋することになる。

フロントがガムのようなフィーリングだった

ファビオ・クアルタラロ

「今日は最高のスタートだったんですが、ターン1のペッコのブレーキングが強力でした。最初の3周くらいで彼を抜けない限り厳しいレースになると思っていました。今日はフロントが非常に暴れまわってしまって、まるでガムのようなフィーリングでしたね。」

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

コメントを残す