TRICKSTAR Racingは2010年からこれまで、人気アニメ『エヴァンゲリオン新劇場版』シリーズのプロモーションタイアップとして発足したエヴァンゲリオンレーシングとタッグを組みレース参戦を行ってきた。

そして昨年、シリーズ完結版として映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が上映され、それに伴い我々チームの参戦を多くのファンの皆様からも熱望されており、これまで熱く支えて頂いたファンの皆様の為にも感謝の意味を込めて参戦に踏み切った。

チーム名は「EVA RT 初号機 Webike TRICK STAR Kawasaki」。チーム体制は、監督にTRICKSTAR Racing代表の鶴田竜二。

2021年にモデルチェンジをした最新型の「Kawasaki Ninja ZX-10R」を採用。エヴァ初号機をイメージした紫&緑のカラーリングを施し勝利を目指して参戦する。ライダーは今年度Enel MotoE World Cupにシリーズ参戦している大久保 光選手と全日本ロードレース選手権で活躍し、鈴鹿サーキットでの優勝経験を持つ佐野 優人選手の2名を起用。第3ライダーについては最終的な調整により決定するという。

【チーム体制】※2&4レースは大久保選手のみの参戦
【チーム名】 EVA RT 初号機 Webike TRICK STAR Kawasaki
【参戦クラス】 EWCクラス(2&4ではJSB1000クラス)
【ゼッケン】未定
【マシン】 Kawasaki Ninja ZX-10R
【ライダー】

大久保 光(28) 【生年月日】1993年8月11日 【身長/体重】168cm/60kg 【出身国】日本
ウェブサイトツイッター


佐野 優人(25) 【生年月日】1997年1月11日 【身長/体重】174cm/68kg 【出身国】日本
ツイッター

監督コメント

今年もエヴァンゲリオン レーシングとコラボ参戦する事が決まりとても嬉しく思っております。2010年からタッグを組み、鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦してきましたが、昨年、映画 シン・エヴァンゲリオン劇場版の上映がなされ、私を含め多くのファンの皆さんが感動させて頂きました。

こんな素晴らしい作品に、レースと言う形でこれまで私達チームも一緒に携われたことにとても誇りに思います。エヴァンゲリオンと言う作品に携われた全ての皆様に感謝すると共に今年のレースを精一杯頑張って参りたいです。

チームのライダーは、昨年中止となってしまった鈴鹿8時間耐久ロードレースで起用予定であった2名の若手の日本人ライダーで構成。大久保光選手は現在MotoGPと併催されている電動バイクの最高峰Moto Eに参戦しており、これまでもWSSPなど様々な世界の舞台で活躍しています。昨年の全日本ロードレース鈴鹿ラウンドでは我々のチームから参戦し、素晴らしい走りを魅せてくれました。

佐野優人選手は激戦でもある全日本選手権ST600クラスで活躍し過去に鈴鹿サーキットでの優勝経験があり、とても期待がもてる逸材です。3人目のライダーは現在調整中ですが同じく若い優秀なライダーを起用する予定です。彼らみたいな希望に満ちたフレッシュな力を信じて、勝利を目指しチャレンジして参ります。

情報提供元 [ TRICKSTAR Racing ]

コメントを残す