DucatiのデスモセディチGPは2021年型の時点で高い戦闘力を誇り、2021年はコンストラクターズチャンピオンを獲得している。2022年型に関しては2021年型の正常進化版と言えるバイクで、その強みをさらに磨き上げてきた印象だ。

大きく変わったと言われているのがエンジンだが、それ以外にもスイングアーム、シャーシ、テールセクション、エキゾーストも変更されており、フロントにもライドハイトデバイスを装備しているのではと考えられている。

エンジン

エンジンは今までもMotoGPクラス最強のエンジンを誇ったデスモセディチGPだが、2022年型はさらなるパワーを手に入れたようだ。プレシーズンテストではライダー達はスロットルの開け始めで有り余るパワーを感じたとコメントしている。ホルヘ・マルティン、ジャック・ミラーなどはウェイトバランスをさらに後ろ側に調整するなど、異なるセッティングを試していた。今年も開幕戦カタールでライバルメーカーをごぼう抜きする姿が見られるのだろうか。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする

コメントを残す