モンスターエナジー・ヤマハ(Monster Energy Yamaha)のマッシモ・メレガッリは、セパン、インドネシアでのテストを終えて、いよいよカタールに向けて明確な判断を下すことが出来ると語る。今回モンスターエナジー・ヤマハ(Monster Energy Yamaha)陣営は、セパンで感じた方向性をマンダリカでも感じることが出来たようだ。

とは言え、ライバルと比較するとエンジンパワー、立ち上がりの加速面での差は縮まってはいないように見え、ファビオ・クアルタラロも予選でとにかく前からスタート出来るようにしなければまずいといったコメントをしている。カタールでディフェンディングチャンピオンのファビオ・クアルタラロはどうDucatiを迎え撃つのか。

マッシモ・メレガッリ

「今シーズンはタフな1年になるでしょう。幸運にも今回は冬季に準備したアイテムをしっかりとテストすることが出来ました。正直インドネシアでのテストには懐疑的でした。初日はコンディションが最悪でまともに走行出来る状態ではありませんでしたから。ただ、徐々にコンディションは良くなっていって、セパンで試してパーツをすべて試すことが出来ました。」

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする

コメントを残す