昨年までFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)の第一線で活躍してきたチャズ・デイビスは、2022年よりAruba.it Racing – Ducatiファミリーのコーチとして活躍する。

ライダーはFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ではアルヴァロ・バウティスタ、マイケル・ルーベン・リナルディとなり、Aruba.it Racing – Ducati WSSPチームではニコロ・ブレガがDucati Panigale V2でスーパースポーツ世界選手権にデビューする。

チャズ・デイビスが豊富な経験をコーチとして発揮

ウェールズ出身のチャズ・デイビス(1987年2月10日生まれ)は、スーパーバイク世界選手権で8シーズン(Aruba.it Racing – Ducatiチームでは6シーズン)、266レース、28勝、89表彰台を獲得してきた選手だ。今後はこうした経験をコーチとして活かしていくことになる。4気筒のパニガーレになってからは苦戦が続いていたが、2気筒時代に培った豊富な経験は、ブレガにとって大きな助けになるはずだ。

→全文を読む

情報提供元 [ 気になるバイクニュース ]

この記事にいいねする

コメントを残す