●文:ヤングマシン編集部 ●監修:青木宣篤 ●写真:Shutterstock Redbull Honda Yamaha Suzuki MotoGP.com Monica

’21年11月14日のモトGP最終戦・バレンシアGPをもって、バレンティーノ・ロッシが長きにわたるレース人生にピリオドを打った。やれるだけのことをやった42歳・不屈のライダーに対し、青木宣篤氏が惜別の辞を贈る。

いくら努力を重ねても、脊髄反射には敵わない

寂しい反面、「だよな…」という思いもあった。モトGP第10戦スティリアGPが開幕されようかという’21年8月5日、バレンティーノ・ロッシが特別記者会見を開き、「今シーズンをもって現役から引退する」と発表した時のことだ。

きっとロッシは、ワタシたちが想像する以上に悩んだことだろう。ここ数シーズンのパフォーマンスやリザルトを冷静に眺めれば、引退という決断も致し方なし、という部分はどうしても出てくる。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

コメントを残す