給油作業の安全性を強化

FIMは、2021年7月15日のエストリル12時間レース後と、2021年9月2日の公式サプライヤー(入札参加希望者)の募集に続き、ストーブリ社を2022年から2031年のFIM世界耐久選手権およびワールドカップのためのFIM公認燃料クイックチャージシステムの単独サプライヤーとして採用したことを発表した。

2022年は移行年として(使用義務はないが、希望する全チームにシステムの販売/レンタルが可能)、2023年からのFIM公認燃料クイックチャージシステムの使用義務化に向けて、各チームが徐々に準備できるようにする。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

コメントを残す