今年も残りわずか……暖冬と聞いていましたが、徐々に凍てつくような寒さになってきました。 今回は、この冬最も人気だったグローブをウインターグローブ・電熱グローブも交えてランキング形式で10個ほどご紹介します!
まだまだ寒い日は続きますので、是非これを見て参考にしてみてくださいね!

人気ウインターグローブランキングTOP10

第10位|FIVE WFX CITY WP GTX グローブ

グローブといえばFIVE(ファイブ)

「グローブといえばこのブランド」といえるほどの製品クオリティを誇るFIVEのウインターグローブがランクイン。
GORE-TEX(R)を採用、それに加えて薄く温かい高機能素材シンサレート(R)を使用することで防寒・透湿防水仕様と高スペックなグローブとなっています。
グローブ専門のブランドなので、付け心地も文句なし!

第9位|RSタイチ ステルス ウインターグローブ

シンプルで多機能なウインターグローブ

かなりシンプルなシルエットが特徴のウインターグローブがランクイン。
RSタイチ独自の防水・透湿素材『ドライマスター』を使用し、防寒だけではなく防水性/透湿性にも優れるグローブとなっています。
ちなみに『ドライマスター』は、同ブランドのレインウェアと同じ素材で、防水・透湿性には定評があります。
そんな全天候対応の性能とシンプルな見た目が選ばれて9位にランクインです。

第8位|FIVE WFX SKIN GTX グローブ

本革を使用した大人デザインのウインターグローブ

FIVEのウインターグローブがランクイン。10位のWFX CITY WP GTX グローブと比べてレザー部分が多め。
シティーカジュアルに振った大人っぽいデザインが好評のようです。性能としては、もはやお決まりとなっているGORE-TEX(R)とシンサレート(R)を採用し、防寒や保温機能に加え、防水・透湿性を高めたグローブとなっています。

第7位|エルフ Evoluzione Long Gloves [エヴォルツィオーネロンググローブ]

お馴染みのエルフアパレルグローブ

毎年コンスタントに売れ続けているエルフのウインターグローブ。
レーシンググローブのような見た目のウインターグローブとなっており、素材は保温性の高い裏起毛を採用。
ウインターグローブにありがちな動かしにくさを軽減するために各部シャーリングを設けるなどセーフティーライドにも貢献しています。
カラーバリエーションも豊富なため、お好みのカラーが選べるのも嬉しい点ですね。

第6位|ヘンリービギンズ AW防水ロンググローブ

エントリーユーザーにもおすすめな使いやすさ

コスパ抜群のウインターグローブが6位にランクイン!
透湿防水フィルムとシンサレート(R)を採用し、防水性と保温性に優れたグローブ。
定価は5,000円以下と他のウインターグローブと比較すると安価な価格で手に入るという点が魅力。
通勤・チョイノリ用として使えるグローブですね。

第5位|コミネ ヒートインナーグローブ12V

今持っているグローブが電熱グローブになる!

冬の定番となりつつある電熱グローブ。また、このグローブは『インナータイプ』です。
つまり、今持っているグローブと組み合わせれば実質的に電熱グローブとなります。また、こちらの商品は定価約10,000円。電熱グローブの相場が大体15,000円だと考えると、コスパとしては申し分のない商品ですね。
電源は車載バッテリーからの給電方法なので、電池切れを気にすることなく使用が可能です。

第4位|RSタイチ e-HEAT アーバン グローブ

電熱の代表格e-HEAT。アーバンスタイルモデル

電熱アイテムの代表格ともいえるRSタイチのe-HEAT。やはり上位に滑り込んできたe-HEAT電熱グローブ、こちらは柄や色が入ったちょっとオシャレなアーバンスタイルを取り入れたモデル。
性能としては、他のe-HEATシリーズと変わらず。冷えがちな指先の周りと、手の甲を徹底的に温めます。
電熱グローブは黒を基調としたシンプルなものが多く、意外とありそうなようでなかったカラーリングがウケて今回4位にランクインです。

さあ、次はTOP3をご紹介!

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
 
 
今回紹介したブランドはこちら