CB650R/CBR650Rは2019年に大きくモデルチェンジをし、CB650F/CBR650Fをベースに走行性能を磨き上げ、車名もFからRになりました。
650Rとなり大きく変化したのは見た目です。
従来のFは1眼のライトで、ネイキッドの兄弟車であるCB650Fと共通の部品を使用していましたが、Rではライトをカウルごと独立設計し2眼化。一方、兄弟車のCB650Rは丸目のライトを装備しており、両車のキャラクラーがより明確になっています。
この600クラスのCB/CBRに与えられているのは贅沢な4気筒を日常から振り回せるオールラウンダーという点。
街乗りにもツーリングにもスポーツ走行にも何にでも使えるのがCB650R/CBR650Rの美徳です。
今回はそんなCB650R/CBR650Rを更にカッコよく、美しく、楽しく乗れるようになるおすすめカスタムパーツをご紹介します。

ネオクラシックスタイルにもレーシングスタイルにも合わせられるマフラー!

モリワキ:フルエキゾーストマフラー CROSS-SHORT [クロスショート]

ホンダ×モリワキの定番の組み合わせとなるフルエキゾーストマフラー!
ブラックの超ショートサイレンサーはCB650Rネオクラシックスタイルにピッタリです。

モリワキからは他にもCBR650Rのレーシングスタイルにも合う丸筒のショートサイレンサーを採用したクロスショートゼロシリーズもラインナップしています。

アールズギア:リアルスペック シングルタイプ フルエキゾーストマフラー

「超軽量、全域ビッグトルク」をコンセプトに開発されたアールズギアのフルエキゾーストマフラーは重量3.7kgと純正から約57%も軽量!
CB650Rは車両重量201kg、CBR650Rは207kgとそもそもそんなに重くはありませんが、CB650Rではマフラーを交換することで200kgを切る重量になる計算です。
更に扱いやすく、トルクアップも楽しめるアールズギアのマフラーおすすめです。

AKRAPOVIC:レーシングライン フルエキゾーストマフラー

MotoGPなど数々の世界最高峰レースでも使用されているアクラポビッチ。
今、若い世代から大人気のブランドです。
ネオクラシックスタイルのCB650Rにも、レーシングスタイルのCBR650Rにもマッチするサイレンサーとサブサイレンサーが一体化したサイレンサーレスのようなマフラーです。
更にこちらはJMCAにも対応した公道走行可能マフラーとなっています!

ポジション変化やシフトフィーリングを快適にするステップ&ハンドル系アイテム!

HONDA:クイックシフター

HONDAの純正オプションでもあり、クラッチレバーの操作不要でシフトアップ可能になるアイテムです。
長距離ツーリングなどでクラッチ操作を頻繁に行うと疲労で段々とクラッチレバー握るのが辛くなってきます。
クイックシフターはレースの世界で求められた機構ですが実は街乗りやツーリングの疲労軽減にもバッチリ役立つアイテムです!

STRIKER:スペシャルステップキット

ポジションの改善に大きく役立つバックステップ。
STRIKERからラインナップしている本商品では4つのポジションから自分に合った最適のポジションを見つけることができます。
上でもご紹介したHONDAのクイックシフターにも対応しており、逆チェンジなどレースシーンでも使用できる万能なバックステップです。

HURRICANE:FATスワロー 専用ハンドル

もう少し攻めたポジション、スタイルにしたいけどきついポジションは嫌だなというかたにおすすめのハリケーンスワローハンドル!
ポジションは10mmダウン、45mm前に移動。
やや前傾ポジションに変化させることができます。
絞り角も3度増えている為ワインディングや峠などの走行でもやる気のあるポジションを取ることができます。
CB650R専用設計の為、スイッチ類の穴あけ加工もしてあり、ノーマルケーブルのまま取り付けが可能です。

TSR:シフトサポートプレート

シフトチェンジの際にシャフトのしなりを低減させ、確実且つスムーズなシフトフィーリングを可能にするパーツです。
カラーも4色から選べ、さりげないドレスアップができるので足元をおしゃれに演出できます!

車体を守るガード系アイテム

ETCHING FACTORY:ラジエーターガード

フロントタイヤから巻き上げられた小石やゴミ、ライトめがけて飛んでくる昆虫などなど、ラジエターコアへダメージを与えます。
場合によってはウォーターラインを破損しクーラント漏れを起こす危険もあります。
もしラジエーターの交換となった場合はCB650R/CBR650Rのラジエーターは部品代だけで5万円を超える出費となります。(商品番号:19010-MKN-L21)
そんな出費を防ぐためにもラジエーターコアガードを取り付けておくと安心ですね。

モリワキ:ラジエーターコアガード

モリワキのラジエーターコアガードはサクラパイプの断面形状となっており、シンプルかつ上品なデザインとなっているのが特徴です。
カラーもシルバーとブラックの2色があり、車体の色やスタイルに合わせてお好みの色を選択できます。

STRIKER:ガードスライダー

立ちごけやスリップダウンなど不意な転倒から車体を守るスライダー。
STRIKER製品ではガード性能はもちろんのこと見た目にもこだわっており、スライダーのベースはアルミ削り出しで高級感のあるデザインに仕上がっています。
オシャレなスタイルの車体なので見た目にこだわったアイテムがベストマッチ!
CBR650Rでもカウルへの加工無しで取り付けができます。

MOTO SKIN:メータープロテクションフィルム TPUクリスタル

スマホの画面にも傷防止シートを貼るように、今ではメーターにも傷防止シートを貼る時代です。
新車の購入に合わせて貼り付けるのがおすすめ!
停車時にも、走行時にも付く砂ぼこりなどの擦り傷からメーターパネルを守ってくれます。

見た目にをこだわる外装系アイテム!

デイトナ:フェンダーレスキット LEDライセンスランプ付き

今やカスタムの定番とも言えるフェンダーレスキットです。
リア回りをスッキリさせ、スタイリッシュな見た目へと変化させます。
純正ウインカーの取付も可能で車検にも対応しており、取付に必要な部品が全て揃ったオールインワンのボルトオンキットです。

北米ホンダ純正アクセサリー:Passenger Seat Cowl

北米ホンダの純正アクセサリーとなっているシングルシートカウル!
海外でも純正アクセサリーということで取り付けは簡単、ピッタリとハマります。
少し丸っとしたシートのテール部分をCBR650Rではレーシーなデザインに、CB650Rではよりネオレトロなデザインへと仕上げます。

モリワキ:フレームホールプラグ

またもや登場モリワキのフレームホールプラグ。
アルミ素材のチタンゴールドがブロンズカラーのクラッチカバーにも合うデザインとなっています。

レースや街乗り、ツーリングからカスタムも楽しめる何でもこなせるCB650R/CBR650R

オールマイティーに楽しめるCB650R/CBR650Rを自分好みに仕上げるおすすめカスタムパーツご紹介しました。
利用シーンや好きなスタイルに合わせてとことんCB650R/CBR650Rを楽しんでください!

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CBR650Rの価格情報

ホンダ CBR650R

ホンダ CBR650R

新車 15

価格種別

中古車 15

本体

価格帯 107.74~109.39万円

108.5万円

諸費用

価格帯 8.41~12.34万円

10.45万円

本体価格

諸費用

本体

96万円

価格帯 86.8~104.8万円

諸費用

5.69万円

価格帯 5.93~7.21万円


乗り出し価格

価格帯 116.15~121.73万円

118.95万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

101.69万円

価格帯 94.01~110.73万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB650Rの価格情報

ホンダ CB650R

ホンダ CB650R

新車 24

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 97.9~98.89万円

97.98万円

諸費用

価格帯 ―万円

6.28万円

本体価格

諸費用

本体

95.57万円

価格帯 85~103.8万円

諸費用

0.8万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 97.9~115.77万円

104.26万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

96.37万円

価格帯 94.39~98.35万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
コメントを残す