2020年にフルモデルチェンジを果たしたCRF250L/CRF250ラリー。
「On(日常の便利さ)とOff(休日の楽しさ)に磨きをかけた『Evolved ON-OFF GEAR』」を開発コンセプトに、市街地などのオンロードでの扱いやすさと、オフロードでの走破性を高次元で両立。
従来から好評だったオンロードでの扱いやすさはそのままに、オフロードでの走破性を高めるなど、よりトータルバランスに優れたモデルとすることを狙いに、力強い出力特性と徹底的な軽量化が実現しました。
どんなシーンでも万能に活躍できる新CRF250L/RALLYは大好評で大きな人気となっています。
今回は大人気CRF250L/RALLY用のおすすめカスタムパーツをご紹介します!

性能も重量も見た目も良くなるカスタムの定番!マフラー!

SP忠男:POWERBOX (パワーボックス) パイプ

SP忠男のPOWERBOXは前モデルやセローなどオフロードバイクの街乗りに大人気の定番アイテム!
商品はエキパイのみとなりますが純正サイレンサーと組み合わせて使用できます。
「気持ちイー!」走り追求し続けて開発されたPOWERBOXシリーズ。
多くの方が体感し、あまりの気持ちよさに車両を変えてもPOWERBOXを選ぶファンが続出しています。

※適合車種:CRF250L 21-のみ

モリワキエンジニアリング:スリップオンエキゾースト MX

よりアグレッシブになったCRF250L/RALLYのスタイルに合わせ、エンドキャップをよりエッジ感あるシャープなデザインに一新して登場したモリワキのMXスリップオンマフラー!
CRF250L/RALLYの開発コンセプトに合わせ、中低速トルクを大幅にアップ。
市街地から林道ツーリングなど本格的な悪路走行まで、トルクフルでストレスなく楽しく走ることができるようになります!

また、モリワキからはMXスリップオンマフラーに合わせたエキパイもラインナップしています。
組み合わせることで扱いやすさが向上し、より快適なライディングが可能となります!
MXスリップオン単品もしくはMXスリップオンとモリワキエキパイの組み合わせなら公道走行も可能なJMCA認証マフラーとなります!

ヨシムラ:RS-4JサイクロンカーボンエンドEXPORT SPEC

サイレンサーデザインはAMAスーパークロス等で活躍するUSヨシムラのモトクロス用「RS-4」をベースに、国内基準に合わせて開発。
表側にはエンブレムと共に「RS-4J」のレーザーマーキングが施され、裏側にもエンブレムが付く「ダブルエンブレム」仕様。
シングルエンジン特有の歯切れの良いサウンドとマイルドな音質を融合させ、軽快な加速感を味わえます。

車体へのダメージを軽減するガード系パーツ!

SRC:スキッドプレート

オフ車の定番ともなるスキッドプレート!
林道やオフロード走行でエンジンやクランクケースを守ってくれるアイテムです!
厚さは5mmで製作されており、強度耐久性と軽量化を実現。
オイルドレンプラグにアクセスできるように下部に切り欠き穴が設けられているため、オイル交換時にスキッドプレートを取り外す必要はありません!

※適合車種:CRF250L 21-のみ

HONDA:ナックルガード

純正アクセサリーでもあるHONDAのナックルガード。
オフロード走行では飛び石や木の枝などから手を守れます。
街乗りやツーリングではステアリング操作の快適性を高め、寒い時期には防風効果が期待できます!

※適合車種:CRF250L 21-のみ

ZETA:アドベンチャー アーマーハンドガード

純正ハンドルバーにも対応したCRF250L/RALLY専用のアルミハンドガード。
専用設計となっている為、取り付けの際にワイヤーなどに干渉することもありません。
先ほどご紹介したHONDAのナックルガードよりも見た目をスッキリさせることができます。
別売のプロテクターを後付けすることもできるため、利用シーンなどで使い分けも可能です!

SRC:フレームガード

林道やオフロード走行の際に上下左右前後様々な方向から石や枝がある為、フレームを衝突から守ってくれるカバーです。
見た目のデザイン性も高く、一気に高級感が増すスタイルとなります!

KIJIMA:ラジエターガード

オフロード走行の際に転倒時ラジエーターコアの損傷を軽減してくれます。
ガードはシュラウド内に収まる為、見た目を崩さずガード性を高めることができます!

自分好みのスタイルに変えられる外装系パーツ!

ENDURANCE:フェンダーレスキット

テール周りをスッキリさせ、カスタム感もアップする定番アイテム。
純正のウインカーやナンバー灯、リフレクターが使用できる為、この製品のみでフェンダーレス化が可能です!
カウルへの加工等もなく、ボルトオンパーツとなっているので取り付けも簡単!
ナンバープレート角度は2021年4月からの新基準にも対応しています。

KIJIMA:フォグランプKIT

CRF250RALLYによく似合うフォグランプ!
専用設計の為、車体のカウルにバッチリ収まり、スタイルを崩すこともありません。
夜間走行時には昼光色(5000-6200K)のLED色温度設定となっている為、明るく照らし、安心感を広げてくれます!

力造(Rikizoh):ブッシュシート

泥、土、砂などが付着しても滑りにくい特殊レザーを採用。
ローダウン仕様はノーマルスポンジを削り落とし、特殊ウレタンを敷くことで座り心地も抜群にアップ!
CRF250Lで30mm、CRF250L(S) で40mm、CRF250RALLY/(S)で45mmダウン。
同時に内股形状も加工し、スムーズなライディングが可能となっています。
シートカラーは3色のをラインナップ。
シート表皮の縫い目には、メジ止め処理を行い、ウレタン表面には防水シートを貼られている為、雨などの防水加工もバッチリです!

積載性を上げるツーリングに必須のキャリア!

DAYTONA:グラブバーキャリア

オフロード車にマッチする15.9mmパイプを使用し、最大積載量は7kgと耐荷重に優れたリアキャリアです。
ステー部分は乗車時に握れるグラブバーとしても機能する為、街乗りなどでタンデムする際にも便利です!
純正荷掛けフックは2本のみキャリアに移設して使用することができます。

KIJIMA:バッグサポート

サイドバッグなどを付ける際に必要になるKIJIMA製サイドバッグサポート!
左右別々にラインナップされており、KIJIMA製のリアキャリアと組み合わせて使用することもできます。
日帰りのショートツーリングや多くの積載が必要になるキャンプや日本1週ツーリングなど必要に応じて荷物の量を調整できる便利なアイテムです!

オンもオフも楽しめるCRF250L/RALLYのパーツはまだまだ登場予定です!

オンもオフも楽しめるCRF250L/RALLYのおすすめパーツをご紹介しました。
乗り方によってさまざまなカスタムが楽しめる車両です!
まだまだCRF250L/RALLY用の新商品が出る予定ですのでお見逃しなく!

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CRF250Lの価格情報

ホンダ CRF250L

ホンダ CRF250L

新車 17

価格種別

中古車 68

本体

価格帯 54.8~59.95万円

59.07万円

諸費用

価格帯 5.1~7.29万円

5.68万円

本体価格

諸費用

本体

56.84万円

価格帯 38.28~82.8万円

諸費用

6万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 59.9~67.24万円

64.76万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

62.85万円

価格帯 43.36~76.15万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CRF250 RALLYの価格情報

ホンダ CRF250 RALLY

ホンダ CRF250 RALLY

新車 16

価格種別

中古車 23

本体

価格帯 65.8~74.14万円

73.09万円

諸費用

価格帯 5.15~7.29万円

5.47万円

本体価格

諸費用

本体

59.27万円

価格帯 49.8~71.5万円

諸費用

8.76万円

価格帯 8.34~11万円


乗り出し価格

価格帯 70.95~81.43万円

78.57万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

68.03万円

価格帯 60.8~79.84万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す