タイヤは、マフラーやステップなどのカスタムパーツと比較するとあまり目立つものではありません。
しかし、ブレーキ等と同様に安全性に大きく影響する非常に重要な役割を持っているため、適切なタイミングでの交換が必要です。

それでいて、タイヤは車体の中で唯一接地するパーツなので、より良いタイヤに交換すれば、それだけでかなり乗り心地も向上します!
今回は2023年全体でWebikeの中で人気だった、オンロードラジアルタイヤの中から人気ランキングTOP10をご紹介します!

2023年!人気オンロードタイヤランキングTOP10

ランキングの前に、タイヤ選びで「そんな攻めた走りはしないから安くてなんでもいいや……。」という方もいらっしゃいますが、タイヤの性能が高ければ、安全なライディングに繋がります。
性能が高いと言ってもサーキット走行するようなハイグリップタイヤは温度依存性が高いこともあるため、冬や走りはじめには注意が必要です。
路面温度やウェットグリップ性能を犠牲にしてもハイグリップタイヤを履くか、ある程度のグリップでウェットグリップ性能や快適性を重視するか、取捨選択をしたタイヤ選びをおススメします。

それではランキングをご紹介していきます!1位はまさかの「あの」タイヤ!

第10位 ミシュラン|POWER 5

20231225_power5

ドライとウェットグリップを両立するラジアルタイヤ

POWER 5はハイグリップタイヤでありながら、ツーリングまで広い範囲をカバーできるタイヤとなっています。
シリカを配合し、スポーツラジアルカテゴリながら低温時のグリップ、ウェットグリップだけでなく、ウォームアップ性能の向上にも繋がっています。

メーカー公式的にはストリートとサーキットの割合は「100:0」とストリートメインで設計されたタイヤですが、POWER 5のグリップ性能は走行会などのサーキット走行などでも通用するポテンシャルを持っているため、自走での走行会参加にもおススメできるタイヤの一つです。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・高いドライグリップでありながら、低温、ウェットグリップにも重点を置きたい方
・自走での走行会参加や、耐久性を気にする方

おススメ車種
カワサキ:Z900RS、Z1000
ヤマハ:MT-09、YZF-R6
ホンダ:CB1000R、CBR600RR、HAWK11
スズキ:GSX-R750、GSX-S1000
など

カテゴリー スポーツ おススメのシーン ・スポーツツーリング
・自走での走行会
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

2024年2月には新製品も控えており、新しいPOWERシリーズにも注目です!

第9位 MICHELIN:ミシュラン|PILOT ROAD 4

20231225_PILOT ROAD 4

ミシュランのオールラウンドツーリングタイヤ!

PILOT ROAD4が登場したのは2014年で、2018年にはROAD5が登場。
2022年にはROAD6が登場しているにも関わらず、妥協しないミシュランの開発力の高さによって2023年のランキングにも食い込んでくる、多くの人から愛されるロングセラー商品です。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・スポーツ寄りなROAD5よりツーリング、ウェットグリップ性能を求める方
・高荷重対応でメガスポーツやツーリングバイクでのタイヤをお探しの方

おススメ車種
カワサキ:ZX-10R、ZX-14R
ヤマハ:FZ1、MT-01
ホンダ:VTR1000SP、CB1100RS、HAWK11
スズキ:HAYABUSA、SV650X
など

カテゴリー ツーリング/ストリート おススメのシーン ・ウェット
・ツーリング
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第8位 アイアールシー|TOURING RADIAL RMC810

20231225_rmc810_07

街乗りからワインディングまで、高コスパツーリングラジアル

マイルドツーリングラジアルの名の通り、尖った性能はありませんが、全体的なバランスが良いタイヤです。
価格帯も他のブランドと比較してかなり安く、コストパフォーマンスの高いタイヤですが、ラインナップが180/55、190/50サイズまでなので250ccからミドルクラスにおススメなタイヤです。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・安価なタイヤを求める方
・グリップより総合的なバランスを重視する方

おススメ車種
カワサキ:Z400、ZX-25R、NINJA250
ヤマハ:SRX400、XJR400
ホンダ:CBR250R、VTR250、CB125R
スズキ:GSX-R250/R、GSX-R400
など

カテゴリー ツーリング/ストリート おススメのシーン ・街乗り
・ツーリング
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第7位 ダンロップ|SPORTMAX ROADSMART III S

SPORTMAX ROADSMART III Sの画像

名作「ROADSMART III」ベースのツーリングエントリーモデル

軽快なハンドリングと高いギャップ吸収性により、ライディング中の疲労軽減に効果的です。
路面をしなやかに掴むコンパウンドの特性がライダーのライディングをサポートし、ロングライフコンパウンドで高い耐久性を実現しています。
ツーリングライダーをはじめ、ツアラー乗りライダーのロングツーリングにピッタリのタイヤとなっています。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・疲労軽減に乗り心地を重視する方
・ロングライフでツーリングに適したタイヤを求める方

おススメ車種
カワサキ:Z900RS、Z1000
ヤマハ:TMAX、トレーサー
ホンダ:CB1000R、CB1100RS、NC750X
スズキ:SV650、GSX-S1000
など

カテゴリー ツーリング/ストリート おススメのシーン ・ワインディング
・ロングツーリング
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第6位 ミシュラン|ROAD 5

ROAD 5の画像

スポーツ性能に特化したツーリングタイヤ

PILOT ROAD4からスポーツライディングに特化しつつも、高いウェット性能は健在!
ROAD6と比較してもスポーツタイヤとしての乗り味はROAD6発売後にも高い人気を誇っています。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・ワインディングにおいてスポーティーな走行を意識したい方
・スポーツ性能と耐久性の両立を求める方

おススメ車種
カワサキ:ZX-14R、H2-SX、Ninjaシリーズ
ヤマハ:MT-09、YZF-R3
ホンダ:CBR250R、CB650R、CB1300
スズキ:GSX-R600、GSX-S1000GT
BMW:K1600、R nineT
など

カテゴリー ツーリング/ストリート おススメのシーン ・ワインディング
・ツーリング
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第5位 ミシュラン|ROAD 6

ROAD 6の画像

ミシュランのROADシリーズ最新作!

ミシュラン最新のツーリングタイヤで、ROAD5からウェットグリップ性能を更に15%向上!耐久性はROAD5と比較して10%も向上しています。
「安心、安全、快適」を重視したミシュラン最新のツーリングタイヤです。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・街乗りやツーリング向けのライダー
・ウェット路面に強く「安心、安全」なライディングを求めるライダー

おススメ車種
カワサキ:ZX-14R、H2-SX、Ninjaシリーズ
ヤマハ:MTシリーズ
ホンダ:CBR250R、CB1300
スズキ:GSX-R600、GSX-S1000GT
BMW:K1600、R nineT
など

カテゴリー ツーリング/ストリート おススメのシーン ・ツーリング
・ウェット路面
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

第4位 ダンロップ|SPORTMAX α-14

SPORTMAX α-14 Hの画像

アグレッシブな走りを楽しむためのハイグリップ・ラジアルタイヤ

レース向けの特別なカーボンをブレンドした素材が使われており、そのおかげでレーシングタイヤとして優れたドライグリップ性能が実現されています。前作の「α-13」はサーキット走行に特化していましたが、新しい「α-14」は衝撃吸収性にも改良が加えられ、公道での楽しみもさらに向上しています。

どんなライダーにおススメなタイヤか
・街乗り、峠道も安定して走りたい方
・中排気量から大排気量の幅広い車種に対応するハイグリップタイヤをお探しの方

おススメ車種
カワサキ:ZX-25R、ZX-6R、ZX-10R、Ninjaシリーズ
ヤマハ:YZF-R25、YZF-R3、YZF-R1、MTシリーズ
ホンダ: CB250R、CBR1000RR、CBR400R
スズキ:GSX-750、GSX-R1000、HAYABUSA
など

カテゴリー スポーツ おススメのシーン ・ワインディング
・ツーリング
ユーザー評価
ライフ
ドライグリップ
ウェットグリップ

次のページではいよいよTOP3を発表!

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら